乳酸菌サプリ 便秘

MENU

植物性ラブレ菌とは

植物由来の乳酸菌のことを植物性乳酸菌と呼びますが、その中でもラブレ菌は京都の漬物「すぐき漬け」から発見された特異な経緯をたどっています。
漬物から発見されただけあって、ラブレ菌の特徴は塩分や酸に対する耐性が強いという点にあります。
そのため、胃酸や胆汁に分解されずに生きて腸まで届きます。
このラブレ菌は、その酸への耐性もさることながら、高い効果が実感しやすいということで各方面でも高い人気を集めています。
実際に「ラブレ」という名前を使用した商品も多く販売されており、その名前を耳にしたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

 

・植物性ラブレ菌で腸内環境を健康に
京都の伝統的な漬物「すぐき漬け」から発見されたラブレ菌は、正式名称を「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」といいます。
もちろんこの長い名前よりも現在では「ラブレ菌」という名称の方が定着しているかと思います。
また、様々な乳製品に応用されていることでも知られています。

 

この植物性ラブレ菌は、塩分濃度や酸味の強い漬物から発見されたように、ある程度過酷な環境であっても生きることができるという特徴をもっています。
人間の体内に入っても胃酸で分解されずに腸まで届きますので腸の内部で優れた働きをしてくれます。
ラブレ菌が高い人気を集めているのは、こうした特徴にも理由があるかもしれません。

 

・元気で健康な体作りに欠かせない植物性ラブレ菌
植物性ラブレ菌は、健康な体づくりに役立つ様々な働きをしてくれます。
過酷な環境であっても微生物と共生できる植物性ラブレ菌は、非常に強力な乳酸菌の一種です。
胃酸に分解されずに腸まで届くため、体内から健康づくりをサポートしてくれます。

 

このように、植物性ラブレ菌には様々な効果は期待できます。
とはいえ、ラブレ菌を取り入れることを目的としてすぐき漬けを毎日食べるのはやはり難しいかもしれません。
そのため、継続して植物性ラブレ菌を取り入れるということであれば、乳酸菌サプリメントが最適な方法といえるでしょう。

 

・健康的な毎日のそばに植物性ラブレ菌
数ある乳酸菌の中でも生きて腸まで届く種類が植物性ラブレ菌です。
京都のすぐき漬けから発見されたということもあり、日本生まれの乳酸菌ということで高い人気があります。

 

塩分濃度や酸が高い環境であっても存在できるラブレ菌は、胃酸や胆汁の影響を受けることなく腸まで届くことができます。
健康的な体を作る上で欠かせない存在であるともいえるでしょう。
そんな植物性ラブレ菌を摂取するのであれば、やはり毎日手軽に飲むことができるサプリメントの利用がおすすめです。
塩分や脂質、糖分を気にすることなく摂取できるのでぜひ一度お試しください。