乳酸菌サプリ 便秘

MENU

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌はおもにヨーグルトやチーズに多く含まれています。
しかし、乳酸菌は必ずしもこうした乳製品ばかりに含まれているというわけではなく、日本人が古来から親しんできた漬物や味噌、醤油などにも乳酸菌は存在します。

 

当然ながらこれらの乳酸菌は単一の種類というわけではなく、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれているものを動物性乳酸菌、漬物などに存在するものを植物性乳酸菌と呼んでいます。
この2つの乳酸菌の違いについて説明します。

 

・動物性乳酸菌の特徴

 

牛やヤギなどから摂れる乳に含まれる乳糖を分解させ、発酵させてつくられたものが動物性乳酸菌です。
もともとヨーグルトやチーズというものは牛乳を発行させたものなので、おそらくなじみが深いのではないでしょうか。

 

もちろんこれらの動物性乳酸菌を利用した発酵食品はあります。
たとえば鮒寿司やくさや、シュールストレミングなどが動物性乳酸菌を用いた主な発酵食品となっています。
動物性乳酸菌の特徴として、「弱い菌」であるという点が挙げられます。
そのため、安定した環境でのみ繁殖をする菌とされており、ヨーグルトやチーズ、乳酸飲料などを摂取しても体内に入った後は胃酸で分解されてしまいます。

 

・植物性乳酸菌の特徴

 

植物を養分に発酵・繁殖をしたものが植物性乳酸菌です。
植物性乳酸菌によって発酵された食べ物といえば、漬物や醤油、味噌などのように大豆を発酵させたものが有名です。
いずれも日本人が古来より親しんできた食べ物であり、これらの発酵食品によって日本人は健康維持に努めることができたといえるでしょう。

 

こうした植物性乳酸菌の特徴は熱や酸に強く、生きたまま腸まで届くことができるという点にあります。
そのため、食べ物から摂取しても胃酸や胆汁に分解されることもなく腸まで届きます。
こうした理由もあって、植物性乳酸菌は人体の健康に欠かせない善玉菌の代表格として注目されるようになりました。
現在ではヨーグルトをはじめ多くのサプリメントに植物性乳酸菌が多く使われるようになっています。

 

・食品やサプリメントに配合される植物性乳酸菌

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌は名前こそ「乳酸菌」ではありますが、その性質には違いがあります。
この2つの乳酸菌の違いは、熱や酸への耐性にあります。
動物性乳酸菌が熱や酸に弱いのに対し、植物性乳酸菌は熱や酸に強く不安定な環境でも生育することができます。
こうした性質をもっていることから植物性乳酸菌は食べ物から摂取した場合でも胃酸で分解されることなく生きたまま腸まで届きます。

 

そのため、乳酸菌を体内に取り入れるのであれば主に植物性乳酸菌を積極的に取り込んだ方が良いかもしれません。
実際にヨーグルトなどの乳製品をはじめ、サプリメントなどでも植物性乳酸菌が主に配合されています。