乳酸菌サプリ 便秘

MENU

有胞子性乳酸菌、ラクリス菌とは

有胞子性乳酸菌とは、他の乳酸菌とは異なり「胞子の殻」をもった乳酸菌です。
そんな有胞子性乳酸菌の中でも代表的なものがラクリス菌です。
有胞子性乳酸菌ラクリス菌の特徴は、酸や熱に強いという点にあり、胃酸や胆汁の影響を受けることなく生きたまま腸まで届くことができる性質を持っています。
それだけに安定性も高く、乳酸を体内で作り出す力も強い、そのうえ腸の内部にとどまっている時間も長いということで最近では様々な研究機関でラクリス菌の研究が進められています。

 

・有胞子性乳酸菌ラクリス菌とは
一般的に、乳酸菌は熱や酸への耐性が低く、加熱すると生きることができません。
また、食べ物から摂取した場合でも胃酸によって分解されてしまい腸まで届くことができないという場合がほとんどです。
そんな乳酸菌の弱点をもっていない「強い菌」が有胞子性乳酸菌ラクリス菌です。
熱に対する耐性を持っていることから加熱や乾燥に強く、食品への応用がしやすいというメリットが有ります。
また、菌の本体が胞子に包まれているということから胃酸や胆汁にも強く生きたまま腸まで届くことができます。

 

・腸にとどまる力が強いラクリス菌で効果を実感

 

有胞子性乳酸菌ラクリス菌のもつもうひとつの特徴は、腸に届いてから排出されるまでの時間が長いという点です。
乳酸菌は腸に届いても早くて数時間、遅い場合でも数日で排出されますが、有胞子性乳酸菌ラクリス菌は腸内にとどまる時間が長く、増殖を繰り返して1週間ほど定着します。
これだけ長い期間腸内に定着するということで健康に対する貢献度も高いといわれています。
とはいえ、これほど長くとどまっていても継続して摂取しなければ有胞子性乳酸菌ラクリス菌の効果も続かなくなってしまいます。
摂取をやめてしまうと少しずつではありますが減っていきますので、毎日の健康に役立てるということであれば、継続して摂取するようにしましょう。

 

・有胞子性乳酸菌ラクリス菌で健康的な生活をサポート
熱や酸に対する耐性を持っている有胞子性乳酸菌ラクリス菌は、生きたまま腸に届いて活動することができます。
また、加熱や乾燥にも強いことから食品に添加されることも多く、乳製品のみならず様々な食品への応用が行われています。
さらに、胃酸や胆汁に分解されることなく生きたまま腸まで届くことができますので善玉菌のサポートをすることができます。
腸の内部にとどまる時間も長く、有胞子性乳酸菌ラクリス菌による効果は大きなものがあるといえるでしょう。