MENU

エンテロコッカス・フェカリス菌とは

乳酸菌には様々な種類がありますが、エンテロコッカス・フェカリス菌もそのひとつです。
このエンテロコッカス・フェカリス菌の特徴は、もともと人間の体内に存在している種類であるという点にありますので、人間との相性も良いといわれています。
また、エンテロコッカス・フェカリス菌のサイズは非常に小さなサイズであり、普通の乳酸菌に比べるとおよそ1/5程度の大きさとなっています。
そのため、少ない量の摂取であってもたくさんの菌を取り入れることができるというメリットがあります。

 

・エンテロコッカス・フェカリス菌について
エンテロコッカス・フェカリス菌の発見は1986年と比較的最近の時期です。
便宜上EF-23、FK-23、EC-12といった分類がなされていますが、それぞれに大きな働きの違いはありません。

 

エンテロコッカス・フェカリス菌の特徴は、通常の乳酸菌と比べ非常に小さいサイズであるという点です。
そのため、乳酸菌やサプリメントから摂取する場合、わずかな量であっても多くの乳酸菌を体内に取り入れることが可能です。
乳酸菌は摂取する量によっても効果の出方が異なりますので、よりたくさんのエンテロコッカス・フェカリス菌を取り込むことができれば健康増進に対して有効な働きが期待できます。

 

・エンテロコッカス・フェカリス菌は加熱処理でさらに協力に
エンテロコッカス・フェカリス菌は、加熱処理された状態であっても効果が発揮できるという特徴をもっています。
従来の乳酸菌の考え方としては、生きて腸まで届くことができなければ乳酸菌の効果が得られないというものが主流でしたが、最近では胃酸によって分解された乳酸菌であっても効果があるということがわかってきました。
このエンテロコッカス・フェカリス菌は。死菌の状態であっても他の乳酸菌をサポートする働きを持っていることも知られています。
そのため、サプリメントとして死菌であるエンテロコッカス・フェカリス菌を多く摂取することでそれだけ効果を実感しやすい状態に整えることができるといえるでしょう。

 

・人間の健康に欠かせないエンテロコッカス・フェカリス菌

 

エンテロコッカス・フェカリス菌のサイズはおよそ1ミクロンという極めて小さなサイズとなっています。
そんな小さなサイズではありますが、人間の健康を守るうえで欠かせない数々の働きをもっており、死菌の状態であっても他の乳酸菌をサポートする働きがあることで知られています。
また、非常に小さなサイズであるということからサプリメントや乳酸菌にも大量に配合することができるという利点もあります。
死菌であっても他の乳酸菌のサポートが可能ということから、エンテロコッカス・フェカリス菌に対する働きへの期待はさらに高まっているといえるでしょう。