乳酸菌サプリ 便秘

MENU

ケフィア菌とは

コーカサス地方で古くから作られてきた発酵乳のことをケフィアといいます。
ケフィアはヤギやひつじ、そして牛の乳にケフィア菌を加えて作られるもので、コーカサスに住む人々にとって長寿の源ということで注目されています。
日本でも、このケフィアについての研究が進められており、健康に対する効果について期待が高まっています。

 

・ケフィア菌とはどんな菌?

 

ケフィア菌の最大の特徴は、数種類の乳酸菌と酵母から作られているという点にあります。
たとえばヨーグルトの場合は乳酸菌だけで作られますが、ケフィアの場合は乳酸菌による乳酸発酵と酵母によるアルコール発酵の組み合わせによって作られています。
もともとケフィアが作られていたコーカサス地方では、家畜の乳を革袋に入れて飲むという風習があり、そこに乳を足すことで発酵を促していたといわれています。
その結果生まれたのがケフィアグレインという種菌であり、コーカサス地方では「神様からの贈り物」と呼ばれ長年起源であるコーカサス地方を出ることはありませんでした。
その後、旧ソ連をはじめヨーロッパへと広がり、その研究が世界各地で行われるようになっています。

 

・ケフィア菌の摂取に最適なサプリメント
現在、ケフィア菌の研究は世界各地に広がっており、その結果様々なことが確認されました。
人間の健康にとって大きな役割を果たしているということから、世界中で愛用者が増えています。
また、ケフィアは数種類の乳酸菌と酵母で発酵させるため、含まれる乳酸菌の数はヨーグルトを上回るとされており、健康な体作りに欠かせない存在ともいわれています。
ケフィアの難点として、そのまま飲めるものがまだ市販されていない、という点があります。
そのため、ケフィアからヨーグルトのようなものを作るのは現状ではかなり手間がかかるということもあり、現在は主にサプリメントの利用が最適な方法といえます。
ケフィアを含んだ乳酸菌サプリメントは、人体にとって最適な加工も施されていますので効率的にケフィアを補うのであればサプリメントの利用がおすすめです。

 

・健康な毎日に欠かせないケフィア菌

 

コーカサス地方で伝統的に飲まれてきたケフィア菌の発酵乳は、乳酸菌と酵母から作られており、牛やヤギなどといった乳から乳酸発酵とアルコール発酵の組み合わせで作られます。
このケフィアを飲み続けるコーカサス地方の人々は90歳、100歳を超えても元気に生活をしている人がたくさんいます。
このことから、世界中でケフィアについての研究がスタートし、その結果ケフィアのもつ効果が少しずつ確認されてきました。
こうした体にとって有効な働きをもったケフィアはおもにサプリメントの分野で応用されており、摂取方法としてもサプリメントから補うのが一般的な方法となっています。