乳酸菌サプリ 便秘

MENU

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌といえばヨーグルトに含まれる菌ということで一般的にも知られています。
このビフィズス菌は、人間を含めて全ての動物の腸に存在しており、様々な働きをしています。
多くの人はビフィズス菌が健康にとって様々な良い働きをしてくれる菌として認識している通り、ビフィズス菌は善玉菌の一種です。

 

・ビフィズス菌とはどんな菌?

 

一言で「ビフィズス菌」といっても単一の種類ではなく、ビフィドバクテリウム属に属する菌の総称です。
発見は1899年にまでさかのぼり、フランスのパスツール研究所で健康な赤ちゃんの腸の内部から発見されたのが最初です。
その後様々な研究によって、健康にとって有効な働きがあることが確認されました。
ビフィズス菌は、環境の様々な条件によってV字やY字に枝分かれする「ビフィド」という性質を持っており、これは数ある乳酸菌の中でもビフィズス菌のもつ特殊な性質であるといわれています。
この他、ほかの乳酸菌と異なる点は乳酸だけではなく酢酸も作りだす働きをしているという点があります。
また、ビフィズス菌は酸素のある環境を嫌う傾向にありますので、酸素がほとんどない大腸におもに存在しています。
スッキリと元気な毎日を送るためにビフィズス菌は欠かせない存在です。

 

・ビフィズス菌を効果的に増やすための方法

 

ビフィズス菌は合計で30種類ほど確認されており、このうち人間の腸の内部で存在するのは10種類ほどといわれています。
腸内の善玉菌はほとんどがこのビフィズス菌です。
そのため、人間の健康にとってはいかに効率的に善玉菌を維持するかということが重要となります。
善玉菌のひとつであるビフィズス菌は、自身が酸を作り出すものの酸そのものに対する耐性は低く、ヨーグルトなどを食べても胃酸で分解されてしまいます。
ビフィズス菌は腸に存在するため、腸まで届かなければ意味がありません。
こうした状況を踏まえて、胃酸で分解されないように加工されたものが乳酸菌サプリメントです。
乳酸菌サプリメントであれば胃で溶けずに腸まで届きますので、より効果的にビフィズス菌を取り入れることができます。

 

・ビフィズス菌で健康な体づくりを
腸の内部で様々な役割を果たしている善玉菌ですが、その中でも酢酸を作り出すビフィズス菌は様々な健康食品に応用されています。

 

ビフィズス菌は人間の体にとって重要な役割を果たしており、これを積極的に補うことがそのまま健康増進に役立ちます。
酸に弱いという性質をもったビフィズス菌ですので、ヨーグルトなどから補うのではなく乳酸菌サプリメントを利用して摂取するという方法が最もおすすめであるといえるでしょう。